自然一杯!体験学習だ!安田小学校 緑の少年団

令和元年7月30日(火)に安田小学校緑の少年団(9名)沖縄県民の森にて、沖縄県内で活動している緑の少年団の仲間と一緒に体験学習をしました。はじめに、各少年団の代表による自己紹介が行われました。安田っ子も少し照れくさそうにしてましたが、安田小学校の所在地、ヤンバルの森・生き物の様子や日頃の活動の様子等をかいつまんで紹介していました。会場に集まった団員みんなで木材を使って『手作りのプランターづくりをしました。チームで着られた材料をネジとねじ回しを使って組み立てていく作業を、声かけしながらも、熱中していました。形になって行くにつれ、笑顔がふえていく安田っこでした。次に『火起こし体験』に挑戦でした。木くずを手こぎの火起こし器を使って、代わる代わる連携して挑戦するも、煙がでるものの火種をつくるとことまでいけませんでした。「次回こそは・・・!」と、闘志を燃やす安田っこでした。最後に、チームワークが試される『ネイチャークイズ』に挑戦。自然に囲まれたところで自然・植物や昆虫、樹木などから答えをみつけるなど、一人一人の感性をこんな風に刺激して、磨いていくんだなぁと感心しました夏休みの1日を、安田っ子みんなで過ごした楽しい思い出が出来ました。

   

   

  


頑張った!1学期 終業式にて

令和元年7月19日(金)、1学期の終業式が行われました。安田っ子の校歌を誇らしげに大きな声で歌う姿が、かっこよく見えました。1学期を終えて、頑張ったことや夏休みにやりたいことなどを元気よく発表してくれました。校長先生からは、1学期のみんなの活動の足跡を、学校のホームページで振り返りながら、あのときのあんな頑張り、こんな頑張り等、いろんな活動を通して、少しずつ成長してきた安田っ子を、一杯誉めて下さいました。そして『夏休みの長い時間を、健康・安全に過ごし、やりたいことやためしてみたいこと等有意義に過ごすように・・・』と、ご指導くださいました。どの子も1学期をひとがんばりした充実したいい顔で、終業式を終える事が出来ました。

 

  

   


へき地三校学校保健委員会(三校合同)

 令和元年7月18日(木)放課後に、奥小、安田小、安波小の三校合同の学校保健委員会を実施ました。各学校の校長、教頭、教務、体育主任、養護教諭、PTA会長の皆さんと学校医の皆さんと一緒に集い、話合いが行われました。各学校の養護教諭から発育検査結果や健康診断結果、考察や体育主任からは、体力測定や運動能力等の現状報告がありました。東部診療所の所長、町田孝様から子ども達の健康状態について、それぞれの学校ごとにご指導を頂きました。話しを聞いて、PTAの保護者からも日頃の生活のあり方(生活リズムや食生活・運動・睡眠等)をよりよく見直す良い機会になりました。との感想や意見など有意義な時間を持つことが出来ました。

   


稲刈り・脱穀体験学習だ~よ~!

令和元年7月10日(水)5・6校時に安田っ子農園の田んぼで、稲刈り・脱穀体験学習が行われました。そのねらいは、①米づくりのまとめとして、自然の恵みに感謝し、集荷ゥをみんなで祝う。②保護者、地域の方々との関わりを通して、思いやりや感謝の心を育てる。ことです。三月にみんなで植えた苗がすくすくと育ち、稲穂がたわわに実ってきました。今年は、田んぼのすぐ横に、手こぎの脱穀機を用意して、刈り取りから脱穀までを入れ替わり、立ち替わり皆で協力して作業しました。安田っ子のお母さんも参加してくれて、見守りと作業の協力もしてくれました。毎年の体験学習を通して、作業の手順がわかり、てきぱきと作業をこなせるようになってきた安田っ子。その様子を見て、お母さんも心地よい汗をかきながらも、ほほえましく見つめていました。安田っ子の感想「去年よりも、うまく刈り取ることができました。」お母さんからも「子ども達が、作業分担して、一人一人が責任と感謝の気持ちではたらく姿がみれて、うれしいです」と感想を頂きました。稲穂の成長にまけないくらい、安田っ子の成長も大きくたくましくなってきたようです

  

 


七夕集会 夢をのせて!

令和元年7月4日(木)に児童会の取り組みで“七夕集会”が行われました。安田っ子が役割分担して、一人一人が工夫して取り組んでくれました。七夕の紙芝居を読んでくれた安田っ子!間をとって、聞く人が物語の中に入っていけるほどよいスピードで読んでくれました。次に、安田っ子全員が、各自自分のお願い事を発表してくれました。最後に、笹の葉にお願い事を飾り付けて、楽しい七夕集会を見事にやり遂げた安田っ子たちでした。

  

  


活発な意見交換 地域教育懇談会!

令和元年7月3日(水)に安田区公民館にて地域教育懇談会が行われました。安田小学校、国頭中学校の教職員・保護者・区長はじめ地域の皆さんが多数出席くださり、話合いが行われました。まず、安田小学校の児童の地域行事に関する意識調査から、地域からの学び等を共有しました。地域での安全な過ごし方スマホの提供について等、活発な意見交換が行われました。国頭中学校からも学校生活や部活動等の様子等、報告がありました。多くの皆さんが、安田っ子の教育へ関心を持って見守って下さるお心遣いに有り難いと思いました。

  


へき地三校 いざ、プール開き!

令和元年7月2日(火)の5・6校時に辺野喜のプールにてへき地三校(安田小・安波小・奥小)のプール開き【水泳学習】行われました。事前に、児童、先生方みんなで清掃したプールにきれいな水がいっぱい入ってます。児童は、はやる気持ちを抑えながら、三校の校長先生による安全祈願を見守り、安全で、楽しく学習できるようにお祈りしました。天気にも恵まれ、お友だちと一緒にプールに入った児童の笑顔がまぶしいくらいでした。一人一人自分のめあてを持って、自己新記録をめざして、水泳学習を楽しんでほしいです

  

  


すばやく行動!火災避難訓練!

令和元年6月28日(金)5校時に、国頭消防所の消防隊員をお招きし火災避難訓練を行いました。火災発生の校内放送を受け、各担任の先生の指示にしたがい、整然と早歩きし、学校の外へと避難することが出来ました。時間は、避難に要した時間は、1分30秒でした。その後に、校庭で消化器の使い方を教えて頂き、安田っ子6年生の2人が代表で実際に扱ってみたところ、よく理解していて、手際よく消火活動が出来ていました。更に、煙いっぱいの教室での避難活動の体験を実施。口にハンカチ等をあて、腰をかがめての避難でした。視界が悪くなるため、少し、ドキドキしながらの体験でした。命を守るための行動は、「さない、けない、ゃべらないどらない、かよらない」に気をつけて、『安全に・迅速に・確実に!行動する!』が大切なんだと、改めて実感しました。国頭消防隊員の皆様、有り難うございました。

  

  


夢・希望への架け橋=チャレンジ!(キャリア教育講話)

令和元年6月25日(火)の5校時に、東部へき地診療所所長の町田 孝氏をお迎えしてキャリア教育講話を拝聴しました。町田先生は、「小学校の時は、毎年やりたいことや興味がどんどん変わっていった。でも、夢中になれる何かがあるってことはとても素敵な事ですよね!」と、優しい口調で安田っ子に語りかけてくれます。引き込まれるように、小学校・中学校・高等学校の時のお話やいつから、お医者さんへの道を考えたか?等、その時その時の気持ちを思い出しながら、お話ししてくれました。お医者さんになってからの、やりがいや辛さ等も率直にお話なされるたびに、安田っ子の心の中に何かが芽生え始めているようで、大変うれしくなりました。「やってみたい!と思った時がチャンス!」の言葉に、うなずく子ども達の表情が生き生きと輝いて見えました。

  

  


安田区慰霊祭へ参加

令和元年6月22日(土)に安田区の平和慰霊祭に安田っ子9名と教職員が参加しました。去る戦争の犠牲者となった御霊を慰めるために、安田区民の皆様と一緒に一時を過ごしました。安田っこは、学校で学んだことを胸に、『平和宣言』と『月桃の花』を奉納しました。地域の皆さんの平和への想いが、『安田っ子をしっかりと育ててくれた』と感謝いたします。安田っ子は、きっと安田区で学んだ慰霊の日のことを忘れないことでしょう