ベストをつくした!校内持久走大会

平成31年2月⑹日(水)の2校時に校内持久走大会を実施しました。天気にも恵まれ、絶好の持久走日和!安田っ子一人一人が自分の目標を掲げて、いざ、チャレンジ。低学年の部・高学年の部に分かれ、取り組みました。安田集落を低学年は1周(約1Km)高学年は2周(約2Km)をマイペースを守りながら走り抜いていました。沿道からは、おばあちゃんや地域の方々がタイコや拍手で応援してくれました。1年生の安田っ子も最後まで走り抜いて、練習の時よりタイムが上がり、喜んでいました。

  

  

  

  


国頭村・岩美町児童交流 感謝一杯

平成31年1月29日(火)~2月1日(金)まで、国頭村の児童16名と引率者6名の計22名の交流団で岩美西小学校との交流に行ってきました。安田小学校からも一名の参加。対面式で、西垣町長、寺西教育長、岩美町団長の戸田様、岩美西小の谷口校長、交流児童皆さん・保護者の温かいお出迎えに感謝一杯でした。又、民泊させて頂くお友だちと写真に収まりながら、ワクワク・ドキドキ一杯の安田っ子でした。岩美西小学校の交流会も全校児童・全職員で迎えられました。児童代表のご挨拶や美しい合唱等で、歓迎していただきました。国頭青年会に教えて頂いたエイサーも、しっかり踊れて、チームワークがみられました。岩美の高校生の提案による給食も、岩美の食材を使ったおもてなし一杯の給食をご馳走になりました。鳥取砂丘での体験やスキー体験・旬の食材のご馳走も堪能しました。なにより、4ヶ月ぶりに会う岩美のお友だちとの交流をとても楽しみにして、盛り上がったようです。安田っ子はじめ、国頭村の児童交流団16名の心の中に、大切な宝物を一杯、お土産に帰ってきたようです。

 

 

 


チャレンジ!わかる授業(互見授業)

平成31年1月9日(水)6学年にて「道徳」の互見授業を実施。主題名「あやまって すむことじゃない」(B 相互理解・館用)においての展開。まず、導入で『「広い心」とは、どういう心持ちのこと?』という発問からはじまり、一人一人にしっかり考えさせる「間」のとり方や対話的に思考を深める展開。自分自身を振り返る場面で、道徳的価値に気付かせるやりとり。ねらい:「相手の過ちを、謙虚な心で受け止め、広い心で人と接していこうとする」に迫る、認め合う寛容な心を育てていきたい!とする担任の熱い想いが伝わってくる授業でした。

 

平成31年1月24日(木)に1・2年複式学級にて「算数」の互見授業を実施。授業始めの姿勢やあいさつや話しを聴く態度等、学級経営の基盤(児童理解)が確立されていました。1学年「大きい数」の単元で安田っ子が関心をもって取り組めるよう「おはじきゲーム」を用意し、「点数を足し算する必然性」を作り出していました。一人学びに集中力が続くように、ゲーム結果を用意し、夢中になって取り組めるように工夫していました。2学年「かけ算(2)」では、グループ学習で自分の考えを伝え合い、吟味し合う2年生同士の主体的・対話的に学び合う姿が見られました。ねらいに導く、『発問』の醍醐味や難しさ等、児童の学びから学べる授業でした。

  

平成31年1月28日(月)に3・5年複式学級にて「国語」の互見授業を実施。3学年「文の組み立て」の単元にて、『主語・述語』の組み合わせの四つを対話しながら、理解へと繋げていました。主語が、「~が、~は、~も、の違い」から述語が決まってくる等と理解へと繋げていました。5学年「送りがなのきまり」による単元で、言葉への感覚をつかむのにピッタリな単元でした。提示資料をふんだんに活用し、“思考させ”“理解させ”“確認する”展開を、「わたり」の絶妙なタイミングで展開、「言葉への感覚」と「主体性を育む」工夫あふれる授業でした。    

  


ヤンバルクイナ保護活動 プレイバック調査!

 平成31年1月21日(月)5・6校時に総合学習の位置づけで、「ヤンバルクイナ保護活動」におけるプレイバック調査、「NPO法人 どうぶつたちの病院沖縄」のスタッフの皆さんのご協力の下、調査することができました。安田集落の周辺に、どれくらいのヤンバルクイナが生息しているのか『まず、地域放送を利用して、ヤンバルクイナの鳴き声を流します。次に、その鳴き声を聞いて、反応する鳴き声を各ポイントで聞き調べる』取り組みです。「クイナの縄張り意識」の特性を利用しての調査です。今年の調査では、六羽のプレイバックの声がありました。これからも、続けていきたい取り組みです!どうぶつたちの病院沖縄のスタッフのみなさん、専門的な知識や調査の仕方等のご指導に感謝です。ありがとうございました。

  

   


来た~!夢の種まきプロジェクト MASAマジック

平成31年1月16日(水)の5校時に、『夢の種まきプロジェクト MASAマジック小学校巡回事業』ねらいは、「時代を担う子ども達の夢を育む企画」に応募したところ、安田小学校に来てくれることとなりました。せっかくなので、へき地五校の児童や安田区の皆さんも一緒にお迎えし、参観することになりました。キャリア教育の一貫でMASAさんの講演とマジックの実演を拝聴しました。「夢を追いかけるひたむきな姿勢」や「外国でのくらしや人との出会い、数々のエピソード」をユーモアたっぷりにお話ししてくれました。お話の合間にみせてくれるマジックに、会場から大きな拍手が起こりました。安田っ子の感想に、『MASAさんの話しを聴いて、自分がもつ力を出すと、いろいろな人とつながり仲良くなれることが分かりました。MASAさんは自分の将来をイメージして、それを実現しているので、すごいと思います。ぼくも、将来のことをイメージして、それを実現したいです。』とありました。安田っ子はじめ、北国小・奥小・佐手小・安波小へき地校国頭っ子のみんなも笑顔一杯、夢を膨らませる楽しい時間を共有できた、うれしい一時でした。

 

 


決意を込めて 校内書き初め会!

 1月7日(月)の2・3校時に校内書き初め大会を開催しました。低学年は『硬筆』高学年は『毛筆』に取り組みました。「春の海」の琴の音色が流れる体育館で、それぞれのお題に向かって真剣な面持ちで、低学年は硬筆に向かいました。日頃はあまり気にせずに、すらすらと書き進める低学年ですが、いつもより一筆一筆、気にしながら書いている様子が見られました。又、高学年も、筆にたっぷりと墨をしみこませ、いつも以上に「とめ、はね、はらいや一画、一画に力の強弱をつけながら臨んでいました!どの子もその子なりの真剣勝負をしていました。その様子を見ていた校長先生も高学年のお題『夢の実現』にチャレンジ年の初めに、背筋がピンと伸びる!心地よい時間で、スタートした安田っ子でした。

  

  


いざ!スタート 3学期!

平成31年1月7日(月)の1校時に3学期の始業式が行われました。元気よく校歌を歌う安田っ子の歌声が校庭に響き渡り、学校じゅうに活気が満ちてきました。まず、お友だちが3学期の目標や頑張りたいことを元気よく発表しました。校長先生が、『1年の計は元旦にあり!という言葉がありますが・・・?皆さんは、どんな夢や希望・目標を掲げましたか!?』と質問なさいました。その意味は、「物事を始めるには、計画をしっかり定めて行動することが肝心なのです!」安田っ子は、お話を聴きながら、自分自身に問いながら、色々考えているようでした。一人一人が、自分らしく『学びの道』を 歩んでほしい!と、安田っ子・先生皆で期待一杯の始業式でした。

   


やったね!充実した2学期!

平成30年12月25日(火)の一校時に2学期の終業式が行われました。校長先生から「2学期の目標を達成することができましたか?」の問いかけに、安田っ子は、お互いに顔を見合わせながら、うなずいて確認する子や恥ずかしがったりする子がいたりといろんな様子が見られました。『担任の先生と、2学期を振り返りをしっかりと行い3学期の目標や新年の目標を持つように・・・』とのお話がありました。2学期は、運動会からはじまり、意見発表会、修学旅行、離島体験学習、古事の森育樹体験学習、学習発表会等の学校行事をこなしながら、辺土名小学校との交流学習や安波小学校との集合学習、たくさんの学びを重ねてきました。充実した時間を過ごすことで、一歩ずつ成長した安田っ子の一人一人の顔が、輝いて見えました。

  


県内66番目!緑の少年団 結団式!

平成30年12月17日(月)に、沖縄県内66番目の緑の少年団として、安田小学校の結団式が行われました。沖縄県緑化推進委員会常務理事の生沢 均様をお迎えし、激励の言葉を頂きました。安田っ子12名は、黄色の帽子と緑のスカーフを身にまとい、やる気に満ちた顔で真剣にお話を聞いていました。団の目標は、『緑を通して広く自然と関わりをもち、自然の学習と併せて自然を守り自ら公徳心を高めながら奉仕活動を楽しく実践し健全な心身の養成に努める』ことです!豊かな自然に囲まれている安田区!その自然に触れあう活動を通して、豊かな心が安田っ子一人一人に芽生え、成長するように活動していきます!「ヤンバルクイナをモチーフにした団旗」のもとに、皆の心が一つに結集された結団式でした。

  


楚洲あさひの丘と交流会を通して

平成30年12月12日(水)に楚洲あさひの丘のお年寄りの皆さんとの交流会をしました。安田っ子三年生・五年生二人の司会で始まりました。校長先生のあいさつで、「交流会が子ども達の成長を観る機会にも成り、非常に楽しみにしていました。1年生になった、K・Hさんの成長を観てあげてください!」とのあいさつに、照れる安田っ子でした。エイサーの出し物やボールを使ったゲーム等、楽しい時間はあっという間に過ぎました。また、保育園生のステキなダンスも披露され、張り切って踊ってくれていました。フィナーレのカチャーシーも会場全員で楽しく踊り、元気の輪と笑顔が会場いっぱいに広がっていきました