第2回国頭村小学校交流学習での学び

平成29年9月29日(金)第2回国頭村小学校交流学習が村教育委員会の主催にて実施されました。その目的は、①各学年の発達段階に応じ、他校との交流を通して自己を見つけ、協調性・適応性や意欲の向上を図り、地域のへき地性を克服し、児童の社会性の育成に期する。②交流学習を通して児童の生活経験及び学習経験を豊かにしものの見方や考え方を拡充させる。③よい思い出をつくらせ、友情の芽を育てる。④他校の児童の中で集団行動から自己を見つめる。⑤教師の研修交流を深めて、学習指導及び授業改善に役立てる。とあります。今回は、奥間小学校のお友だちや先生方に世話になり、交流学習で学び合い、先生方も子ども達や他校の先生方の授業を参観し、“学び成長する機会”となりました。現在、学校・教室・授業に求められるを共有し、実践につなげたいア、対話的コミュニケーション能力  イ、解決に向かう力  ウ、助け合い、支え合う力  エ、他者へ理解を示す力 等である。授業実践した安田小先生方の様子を、写真にて紹介いたします。   

  

※5時間目に、奥間小学校 お二人の先生方による 6年・理科「水溶液の性質」と、5年・国語「大造じいさんとガン」を焦点授業として参観研修しました。斉藤智哉先生(國學院大學准教授)を招聘し、教師の授業力向上を目指す授業研究会を実施、有意義な時間を過ごしました。授業における学びの視点見方・考え方)や学級経営・授業経営のヒント満載の授業でした。


いざ!チャレンジ 校内童話・お話大会

 9月28日(木)2・3校時にPTA主催による校内童話お話大会が行われました。1・2年生は、題材を好きな童話から探しだし、4年生~6年生は、自分で作文し、覚えて意見・発表する形式でチャレンジします。体育館の舞台に立つその表情は、緊張の面持ちがみられました。しかし、一声発すると、練習してきた自信が発揮されました。言葉一つ一つに、想いが込められ、堂々とした発表に会場の皆さんから大きな拍手がおくられました。特に、一年生は、初めての体験にもかかわらず、元気いっぱい自分の言葉で、表情豊かにお話を届けてくれました。高学年も自分の体験から学んだこと・感じたこと・想いを自分の言葉でまとめて発表してくれました。

   

  

 ※学校代表として、低学年の部 男子1人・女子1人、高学年の部 男子1人・女子1人の    合計4名が国頭村大会に参加します。応援、よろしくお願いします。

   日時:平成29年10月13日(金)集合:13:50 開始:14:00~16:45

   会場:低学年の部・・・奥間小学校 体育館、高学年の部・・・国頭村ふれあいセンター


キャリア教育講演会 『私の歩み ~陶芸家への道~」

9月25日(月)3校時に、キャリア教育講演会に、増田良平 氏をお招きし、陶芸家としての歩みをお話し下さいました。ご自身の小学校・中学校・高校・大学の学校生活をふり返ってのお話に、安田っ子は、興味津々!楽しかったこと、おもしろかったこと、つらかったこと等、いろいろな体験や人・コト・モノとの出会いから、学びを経て、ご自身の豊かな感性が芽生え・成熟していく様子が感じられるお話でした。また、一年生~六年生までの安田っ子に退屈させないように陶芸の実技指導も交えながらのお話に、食い入るように関心を示していました。作品づくりを通して,心を込めて作成する楽しさや考える楽しさを 実感したようです。『絶えず自分自身と向き合い、いろいろなことから貪欲に学ぶ姿勢』に、私たち教師も大変勉強になりました。お忙しい中、安田っ子のために本当にありがとうございました。                                              

 

       

       


移動水族館 『海の課外授業』

9月15日(金)に、本校に移動水族館が、山を越えてやってきました。海の生きものと環境教育の一環で、「魚の生態の不思議や環境を守るって、どういうこと?」についての講義や「いろいろな魚の生態や特徴、色・形等をじっくり観察」して、移動水族館を間近に、安田っ子一人一人の感性が磨かれていきました。

   

   


大運動会 ベストをつくし世界をふるわせろ安田っ子魂!!!

9月10日(日)秋晴れの晴天の元、安田小学校の大運動会が開催された。12名の子ども達は、出番を待ちきれないぐらい張り切っていました。、地域の皆さんの参加によるプログラムも盛り沢山で、子ども達の運動会を盛り上げて頂きました。本当にありがとうございました。

  開会式・入場 

       

  家族障害物リレー

       

  イユークァーセー

      

  班・職域対抗障害物リレー

        

  玉入れ

      

  班・職域対抗ジーバーリー

        

  ランチタイム

      

   エイサー

       

  綱引き

      

  ゴール回せ

       

  小学生・職員リレー

       

  班・職域・同窓生リレー

       

  校歌ダンス

      

 

    


安田のウフシヌグへ参加して(体験学習)

8月28日(月) 国頭村安田区!この地に400年も昔から伝わる伝統文化安田のウフシヌグ)がある。国の重要無形民俗文化財である。シヌグとは、五穀豊穣などを祈願する行事で、隔年で「大シヌグ」「シヌグ小」が行われる。ウフシヌグの特徴は、ヤマヌブイ山登り)を三カ所に分かれて行う。ササメーバヤマナスを男達が、つる草や草木を身につけ、心一つに山に登る。太鼓の合図とかけ声の下に周回する。男達は、山神となって下山する。一人一人手にした草木で、合流地点にて女性達の邪気をお祓いする。その後、安田の海で、祈りを捧げる。最後に、安田の川に入り、村中の男達のシヌグへの儀式が完了する。安田っ子の男子(1年生~6年生)や男教員も出で立ちを整え参加した。ヤンバルの森や山、空気、貴重な生きものたち等、神聖な自然に対する畏敬の念が芽生えてくる。夜になると、安田の女性達が、伝統の舞踊「ウシンデーク」を歌い踊り、無病息災豊漁を神に祈る。『村を挙げて、大切にしているもの、それは、何だろう』子ども達に地域のよさを感じてほしい。写真にて、その一端を紹介したい

 

      

 

               

お知らせ : 平成29年10月1日(日)午後3時~4時 RBC琉球放送にて

       『日本の祭り ~安田のシヌグ~」がありました。


2学期 始業式だよ!全員集合!

 8月28日(月)長い夏休みも終わり、2学期のスタートを迎えました。真っ黒に日焼けした顔に、笑顔一杯の安田っ子が集合!

子ども達は、自由研究で頑張ったこと、泳ぎに行ったこと、国頭一周旅行しとこと、宿題の追い込みに頑張っていること等、それぞれの時間の過ごし方をお話ししてくれました。

校長先生のお話で、「2学期の目標をしっかり立てて、自分らしい努力を積み重ねて、目標を達成してほしい」とのお話がありました。

安田っ子のみんなは、真剣なまなざしとまぶしい笑顔に、先生方もパワーアップのスタートをきることができました。

 

  


国の重要無形民俗文化財 安田の大シヌグ講話

  

7月20日(木)大城盛雄さん、区長さんをお招きし大シヌグ講話が開かれました。

8月28日に行われる大シヌグに向け、盛雄さんが子ども達へシヌグについてのお話をしてくれました。

安田のシヌグは、沖縄県北部に400年前から伝わる豊年祭です。また、「五穀豊穣」「無病息災」を祈願して山の神と海の神の両方を祭る伝承文化(神事)です。

「ウフ(大)シヌグ」で行われる「ヤマヌブイ」(山登り)では、男性だけが草木を体にまとい山の神様から霊力を授かります。「一日神」となった男達は下山し海ので厄払いをします。

「ウフ(大)シヌグ」で踊られる古舞踊の「ウシンデーク」では、女性だけが円陣を組み、太鼓と歌に合わせて約一時間踊ります。

安田のシヌグは、昔からの祭礼の内容が一つも欠落することなく原形のまま伝承されています。細かいところまで昔のやりとりが継承されている点で、県を代表する文化財として指定されました。

盛雄さんの話しを聴いた子ども達に、シヌグに参加したいという強い意気込みが感じられました。地域の伝統文化を大切にする心と、安田区の一員であることに誇りを持てる貴重な時間でした。


一学期終業式

  

7月20日(木)1学期を締めくくる終業式がありました。子ども達は約4ヶ月の学業で、中身の濃い体験や学習をしてきました。

学校代表の山太さんの1学期の振り返りでは、「できなかったことが、できるようになり始めた1学期でした。2学期は下級生をもっと引っ張っていきたいです。」と発表してくれました。

とても期待しています。

1学期の集大成である授賞式では、子ども達全員が校長先生から賞状を受け取っていました。感動です。

夏休みが始まります、保護者や地域の方々、子ども達に大いに羽を伸ばさせてあげて下さい。安全確保も一緒にお願いします

              ~ハッピーサマーバケーション~


稲刈り ~米を知る~

      

7月10日(月)安田区地域在住の知念順子さんをお招きし、安田小学校の田んぼで稲刈りを実施しました。

順子さんは、安田小学校で稲刈りが行われるたびにお世話になっています。鎌の安全な使い方を初め、稲の刈り方や稲の育て方などを子ども達へ伝授していました。

低学年の子ども達は、初め順子さんに手取足取り教わっていました。しかし後半は、高学年に追いつくほどのスピードで綺麗に刈り取っていました。

普段口にするお米を、汗水垂らして自分達の手で刈り取り、手に待った稲がお米に変わることを子ども達は知りました。8月後半に実施する脱穀にて、子ども達は実感することでしょう。

農家さんに感謝し、お米一粒一粒を大切に食べる子ども達に育って欲しいと願っています。