魚さばき体験 ~海人からの学び~

平成30年6月17日(日)に日曜授業参観の取り組みで、『親子魚さばき体験』を実施しました。当日は、台風6号の影響の心配もありましたが、天候にも恵まれ、漁港浮き桟橋にて計画通りに進めることができました。ねらいは、「一つ目に、魚さばき体験を通して、自然の豊かさに触れると共に、地域の方々と交流する機会とする。二つ目に、地域に伝わる伝統行事(ユッカヌヒー)に参加し、地域の一員としての自覚を持たせる機会とする」です。国頭村東部漁港組合の東部支部長の仲村尚志様はじめ、安田区海人の知念勝治様には、事前に漁に出られて大漁の魚を確保して頂きましたおかげさまで、魚さばき体験を成功裏に行うことができました。1年生~6年生の安田っ子は、昨年よりも意欲満々で、包丁を手に、うろこをとり、中腹を取るなど海の恵みに感謝しながら、取り組んでいました。1年生の安田っ子も、お兄さんに教えてもらいながら、もくもくと取り組んでいました。駆けつけた保護者も魚をさばく安田っ子の成長を笑顔で見守ってくれました。また、20Kg級きはだマグロの解体ショウや試食会もあり、海人の巧みな技に感心しきりの安田っ子でした。旧暦のユッカヌヒーの夕方には、お世話頂いた地域の皆さんへのお礼にエイサーによる集団演技を披露して、楽しい一日を過ごすことができました。安田っ子・保護者・職員みんなで感謝いっぱいです。

  

  

   

  

  


レッツゴー町探検!~生活科にて~

平成30年6月14日(木)に、1年生・2年生による生活科の学習で、「レッツゴー!町探検」を実施しました。少し小雨の降る仲、安田っ子は元気に町探検に出発しました。ねらいは、『人と接したり、発見しながら町探検をする。インタビューの仕方、マナーを学ぶ』です。探検場所は、安田公民館にて区長さんから、安田区の取り組みについてお話を聞きました。次に、安田協同売店にて、徳田さんより店の仕組みについてインタビューなどチャレンジしました。最後に民宿「さじ」オーナーの佐久本さんにインタビューをしてお話を聞きました。自分たちで質問を考え、足を運んで、人々のお仕事への取り組みや生き方から何かを感じて学んでくれている様子でした安田っ子の『真剣な中に、楽しみながらの学び』が見られた一コマでした。

  

  


県総合教育センター(出前講座)~校内研修~

平成30年5月30日(水)の校内研修にて、県総合教育センターより、城田亮指導主事をお招きし、テーマを『学習意欲を高める家庭学習の取り組み』と設定して研修会を持ちました。改めて学力の定着と家庭学習の習慣の大切さを実感した研修でした。内容は、まず、全国学力・学習状況調査と自校採点による結果分析についてお話しくださいました。また、各教科における課題(視点)が明確になってきました。総括として『「問い」が生まれる授業に向けて』のお話では、授業改善を中心とした内容を拝聴しました。ここでも“学びのプロセスを大事にする授業展開”が強く印象に残りました「学ぶ意義」「なりたい自分」「夢・希望・目標」『未来への飛躍』等のキーワードが出るたびに、基盤づくりとしての“小学校期の学びの充実”を、“授業改善や意欲を高める家庭学習の取り組み”に研鑽を積み重ねていこうと痛感した研修でした。

  

  


村へき地研修会(北五校)安田小にて

平成30年5月18日(金)に村へき地研修会(研究授業の実践)を安田小学校で行いました。今回は、安田小学校と安波小学校の集合学習を仕組むことで、単式学年での授業実践を試みました。麻布教育研究所のスーパーバイザー永島孝嗣 氏を招聘し、児童と教師の学びの授業を観て頂きました。又、午後には、焦点授業として安波小学校の村山久志先生が、3学年にて算数の授業を実践してくださいました。授業後のリフレクションでは、へき地五校北国小・奥小・佐手小・安田小・安波小)の先生方が一堂に会し、授業におけるふり返りを行いました。『学びの授業スタイル』を、今年赴任された先生方からの質問や児童の学び・教師の学び等の押さえどころを、共有・学ぶ、充実した研修をもつことができました。『授業研究の持ち方(考え方)を整理して、子ども達の学びをよく観るトレーニングが必要。子ども達の事実からみ取っていくことの大切さ。思考を促すために、子ども達に時間をどこまであずけきれるか!支援としての問いかけ等、特に、へき地校において、『個別指導をしないで、どうやって授業を作ることができるか』という視点をご指導くださいました。先生方一人一人が、何か一つ、自分のモノにする“何か”をつかみ取ってくれるといいなぁ~と、強く思う研修会でした。永島先生には、遠いところまで起こし下さり感謝いっぱいです。今後とも、よろしくご指導お願い致します。

  

   

  

   


光る汗チームワークでクリーン活動! 

平成30年5月15日(火)、学校前の安田の砂浜のクリーン活動を、安田っ子と教職員のチームで取り組みました。紙挟みとゴミ袋を手に、少しずつ綺麗になる砂浜を誇らしげに歩く安田っ子の頬を伝う汗が、まぶしく光っていました「これで、アブシバレーのハーリー会場で気持ちよく行事できるぞ!ヤッター!」と“地域行事の縁の下の力持ち”を体験した安田っ子でした

  

  


スタート!ザ・集合学習

平成30年5月1日(火)から、昨年に引き続き、安波小学校との集合学習が始まりました。一つ進級した両校の児童は、授業を通して「主体的・対話的で深い学び」の具現化している様子が見られました。先生方も、受け持ちの学年が変わったにもかかわらず、子ども達に負けぬよう、真剣な中にも、楽しんで授業に臨んでいました。授業後のリフレクションにて授業研究する様子に『ほどよい緊張感と学ぶ楽しさを共有する“同士”』のようなさわやかさを覚えました。

  

  


北五校合同 春の遠足!大集合!

 平成30年4月27日(金)に、北国小奥小佐手小安田小安波小へき地五校の児童と教職員が一同に“学びの森 アスレチック広場”にて春の遠足を実施しました。当番校の安波小学校の先生方にリードしてもらいながら、楽しく過ごしました。全体レクで楽しんだり、低学年・中学年・高学年と分かれて、思い思いのレクを楽しんだりと趣向を凝らしたゲームに子ども達の笑顔がはち切れんばかりでした。安波小学校の大城校長先生のギターに合わせてのモノレールごっこがたのしかったなぁ~!初めて出会うお友だちや先生方ともすっかり打ち解けて、帰るまでには、みんなお友だちになっていましたねヤンバルの自然の光を浴びながら、元気いっぱいエネルギーをチャージして、楽しい一時を満喫した安田っ子たちでした。

  

  

  

  

  


うれしいなぁ~!一年生を迎える会

  平成30年4月20日(金)に一年生を迎える会を、新児童会役員のリードのもと行われました。新一年生の入学をお祝いする安田っ子の優しい気持ちがあふれている計画で、楽しかった様子です。一学年進級したお兄さん・お姉さんの姿が、たくましく成長したように見え、感激するドラマの連続でした。授業参観で、来校した保護者笑顔もあふれていました。

  

  

  


いざ!きた~家庭学習強化旬間!

 平成30年4月13日(金)に、来週からはじまる家庭学習強化旬間について、担当の金城先生から説明がありました。新しい学年になり、安田っ子一人一人が自分らしく、家庭学習に取り組むことの大切さとその取り組み方を丁寧に説明されていました。特に、家庭学習のリレーノートの取り組み方と、自分以外のみんなの家庭学習を観ることで、よりよい学習を取り入れて、さらにチャレンジしよう!という説明がありました。校長先生からは、「その家庭学習をコツコツ頑張り続けるには、『自分の夢・目標』をもつことです。夢を叶えるその基盤づくりに欠かせないのが、家庭学習でのがんばりです。“家庭学習”と“読書”の習慣を身につけると、大きな生きる力になります!」安田っ子の真剣なまなざしが、うれしかったです。!